• shopping cart

Blog

2018/05/12 17:42

本日MyEtherWalletからフィッシング詐欺にあわないようにという注意喚起のツイートがありました。

こちらは実際に先日にたくさんの人に届いたメールの話です。

noreplay@myetherwallet.comというメールアドレスからのメールが届くというものです。
メールにはアカウントの確認をしてくださいという内容のメッセージが書かれており、MyEtherWallet.comへのリンクが張ってあります。
URLは本物に見えても、実際はリダイレクトといって他のページの飛ばされることがあります。
こういったメールのフィッシング詐欺は常套手段です。

先月もマイイーサウォレットのサーバーへの攻撃があり、一部のサーバーで本物のMyEtherWallet.comへのアクセスから自動的にフィッシング詐欺のサイトに飛ばされるという現象がありました。日本からの被害者は一切なかったようですが、こういったマイイーサウォレットへの攻撃や詐欺は今後もなくならないでしょう。

どちらにせよ、ハッカーたちはマイイーサウォレットの秘密キーを狙ってフィッシング詐欺を働きます。
マイイーサウォレット単体で使っている人は秘密キーのコピーをしてログインする必要があるため危険です。

Ledger Nano SやTREZORでのログインは秘密キーの入力は必要ありません。

ハードウェアウォレットを持つ前に、マイイーサウォレット単体でアカウントをお持ちの方は、より安全なハードウェアウォレットでの管理をおすすめします。ハードウェアウォレットで管理するマイイーサウォレットは、秘密キーはハードウェアウォレットの物を使うため、ハッキングされる恐れはありません。

単体でマイイーサウォレットを使っている方は早めにハードウェアウォレットでの管理に切り替えましょう。
マイイーサウォレットとLedgerの使い方はこちらの動画をご確認ください。

こちらのページも合わせてご確認ください。

念のためにお伝えしておきますが、弊社またはLedgerの販売元が秘密キーやPINコードをお客様に聞いたりすることはありません。
海外ではLedger社を装い、Ledger Nano Sの購入者に電話がかかってきて秘密キーを聞いてくるという詐欺がすでに発生しています。

お客様の個人情報は弊社で厳重に管理しております。
頂いたお電話の折返しの電話や発送の不備や確認以外で弊社からお客様へ連絡することはありません。
詐欺にはくれぐれも気をつけてください。

またLINE@の会員制のICOの有料サービスやメールマガジン、情報商材の購入、登録にはくれぐれも気をつけてください。
個人情報を第三者に販売されることや、悪用される危険があります。

今回のマイイーサウォレットのような本家を装ったメール等の詐欺は巧妙になっており、本当かウソか?判断するのが難しいものが増えています。LINEでのプリペイドカード詐欺のようなものと一緒であの手この手でコンタクトを取ってきますので、気をつけてください。

皆様の大切な資産の保管には皆様のセキュリティ意識の向上が欠かせません。
ご自身の大切な資産を守るためにも、個人情報の管理はもちろん、秘密キーの仕組みハードウェアウォレットの仕組みを少しずつでもいいので理解していくことが大切です。

騙す人は騙される人よりその分野において知識のある人です。
だまされないようにする第一歩は知識を持つことです。

不安になるのは自分がよくわからないことに対してです。
よく知っていることには不安は生じません。

仮想通貨の管理、投資は自己責任です。
セキュリティ対策は必須です。

お客様の大事な仮想通貨資産はお客様の意思と判断で適切に管理されますよう、よろしくお願い致します。