• shopping cart

Blog

2017/12/17 15:02

ビットコイン他、暗号通貨の高騰により、多くの方が以前よりもハードウェアウォレットをご購入されるようになりました。


ハードウェアウォレットを購入する、もっている=ビットコイン資産を持っているということが他人に分かってしまいます。
そのため、弊社では商品送付の際の内容の記載を「USBフィギュア 電池なし」と記載することにいたしました。
また、Hardwarewallet.jpと書いていた依頼主名も株式会社ブレイブブライトと変更いたしました。

送付状も何かのきっかけで他人の目に触れることで、お客様の個人情報として、ハードウェアウォレットをもっているという事実が流出する危険性があるためです。

弊社ではお客様の個人情報は流用したりすることはありません。

しかし、身元不明の日本正規代理店を名乗る会社からのご購入は気を付けてください。
販売店には住所、電話番号、Eメールアドレスがデータとして残ります。

だれでも出店できるamazonやヤフーショッピングでは出品者は日本人だけではないです。
海外の犯罪組織や高額情報商材販売や詐欺行為を行う組織にその個人情報を売られてしまうようなことがあっては大変です。

もう日本人がビットコイン資産をもっているということは海外からも十分に知られており、取引所へのサイバー攻撃といった犯罪だけでなく、これからは誘拐や泥棒に入るという事件も危惧されるからです。
すでに海外ではビットコインを盗むための誘拐事件も起きています。

仮想通貨セミナーなどの参加でスマホで常に取引所にログインできる状態にしている方、SNSの個人アカウントでビットコインの情報配信をされている方は、くれぐれもご注意ください。

すでに日本人のビットコインは他国の犯罪組織から狙われているという意識を持つことが大事です。
犯罪に巻き込まれないように、今後はお客様が保有しているビットコインの保有量や、その他の暗号通貨の話は気軽に他人にされない方が安全です。

SNSでなんでも情報が広がりやすい時代です。フェイスブックの友人の友人がどんな人か?まではわかりません。

SNSでハードウェアウォレットを持っている、買ったということも書いたりしない方がいいです。
これからは取引所を装ったオレオレ詐欺があることも十分考えられます。

暗号通貨資産は本当にすべてが自己責任です。
盗難や誘拐などにあっても犯罪者を特定したり、捕まえるのは難しいです。海外に逃げられたら足がつきません。

価格高騰で他人につい話してしまいたくなる気持ちは心にしまってください。

価格高騰だけが注目され、実際のリスクや大事な保管方法などは後回しにされがちですが、大事な部分がすべて自己責任なのが暗号通貨というものです。

ご高齢の方であまりビットコインに詳しくなく、知人の紹介で買うなどがきっかけであまりよく知らずにビットコインを保有されている方は狙われやすいです。ご家族で正しい知識を持たずして暗号通貨資産を持っている方がいた場合きちんと理解を深めるサポートをして、今後なにかあったときの話をしておきましょう。

お客様やお客様の大事なお友達、家族が危険な目に合わないように、くれぐれも情報管理にはお気を付け下さいませ。